2012年04月28日

天井の作り方

昨日で2階の天井は終わり。
今日から1階の天井を組み始めています。

今日は細かく写真を撮ったので
天井の貼り方を書いていきましょう。

まず、部屋の周りに天井の高さとなる位置に野縁を回します↓
天井1.jpg
壁に吊るしてある木っ端は壁の受け。
壁を貼る時に重宝します。その説明はまた「壁貼り」の時に。

廻りの高さが決まったら、骨組みです。↓
天井2.jpg
間隔は303ミリ。僕ら大工はまだ尺間法
1尺になります。
今度は天井を平らにするために「吊り木」を打ちます。↓
天井3.jpg
厳密に言うとホンの少し真ん中が高くなっています
真っ平らだと錯覚で垂れているように感じてしまうことがあるからです。
これは部屋の大きさによって変えていきます。
ここで骨組みが出来上がり。

この後はプラスターボードを貼っていきます↓
天井4.jpg
一枚の大きさは畳一枚分。
これを支えながらビスを打つわけで、
片手はビス打ち機、もう一方の手だけでは支えられないので
「頭」を使います。
そう、「頭の中身」ではなく、
このときは「頭」で支えます。
「頭」も使いようです。


posted by 棟梁 at 23:02| Comment(0) | 家造り日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。