2015年04月20日

長野へ出張 1日目

朝は4時起き、5時集合。

2人の板金屋さんと3人で出発です。

今回は大工としてではなく、
板金屋さんの手元としての参加でした。

およそ2時間半で長野県塩尻市に到着。
やはり寒い。
桜もちょうど満開の時期。
もう一度花見が楽しめました


仕事内容は、
板金屋さんが付き合いのある設計士さんから
『5〜6年前に手掛けた住宅の雨漏りが止まらない。
これ以上お施主さんに迷惑をかけられないので雨漏りを止めてもらいたい』

地元の板金屋さんでは対処できなかったらしく、
はるか静岡の板金屋に依頼がかかったようです。

今回は漏れている箇所を確定すべく
屋根全てを剥がしました。
この作業は板金屋ではない僕でもできる仕事。

ただ、要所や板金ハサミを使うところは
お願いします。


開けてみると・・


屋根の急所に弱点が見られたり、
下地の防水紙の貼り方がまずかったりと
『確実にここが原因』とまではいかなくても
細かい間違いが積み重なって起こった事故という感じ。

お施主さんにも屋根に登ってもらい、
状況を確認してもらって
1日目終了。

posted by 棟梁 at 21:45| Comment(0) | リフォーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。