2009年02月14日

現場はきれいに

何なんでしょう、この暑さ。
春を通り越して初夏ですよ!

なんて始まる人、今日は多いんじゃないでしょうか

今日の一枚はこれ、
マイほうき.JPG

作業スペースに必ず置いています。
マイほうき”と“マイちりとり” そしてバケツ
親方の元を離れてから3〜4年ほど、いろいろな大工さんの下で
勉強をして歩いていたんですが、一つ確実にいえることが、
「現場がきれいな人は仕事もきれい。しかも早い。」
こまめに掃除をするので一見時間がかかると思いきや、
片付いているために全体では早くなるんです。
しかも気持ちがいい。

いいところは吸収しなくては、ということで
自分なりにはじめたのが、このマイほうきです
時間で掃除をするんではなく、キリのいい時や、気になったとき、
この辺は自分の思いついたときですがササッとやるんです
あんまりためると余計嫌になるので、そうならないうちに。

そのために常に近場においてあります。

ちなみに今、弟が応援に入っているんですが、
彼も同じようにマイほうき持ち歩いています。
ゆうほうき.JPG
ありがたいことです





posted by 棟梁 at 21:40| Comment(0) | 大工のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

収納スペースへのこだわり

収納の中ってどう考えるかはそれこそ人それぞれだと思います
「扉で見えなくなるしもので一杯になるからある程度コストダウンを考えてベニヤ」という考えか、「コストアップは仕方ないが収納された物の保存を考えての呼吸できる無垢材で仕上げるか」
階段下収納.JPG
紬は後者を選びました。

見えなくしてしまうから、無垢材で調湿してもらい、管理をしてもらう。
開けたらカビが・・・なんて惨劇は避けたいですから

押入れの中段も一工夫しました
みなさん、押入れにほぼ100%“すのこ”って敷いてつかいません?
始めから板の部分をすのこ状にしてみました。
押入れの中はオール杉でまとまりました
材料などでコストダウンも考えた造りになってます

写真は階段下の収納。こんなところもしっかりと使います
空間を有効に利用してあげます
意外と使える収納場所ですよ

タグ:収納
posted by 棟梁 at 23:05| Comment(0) | 大工のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

小さな隙間ものがさない

断熱.JPG
快適さを求めるために必要なもの

それが断熱。

壁・天井はもちろん、
床に空いている排水や給水のパイプの穴の周りにも
少しだけれど空間がある

少しだからと油断すると空気は入ってくる
一緒に小さな虫も入り込む

だからウレタンの“モコモコ”でふさぐようにしている

隙間風を少しでもなくす努力はしてます

posted by 棟梁 at 21:59| Comment(0) | 大工のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

忘れてはいけないもの

鉋かけ1.JPG
最近めっきり少なくなってきた鉋がけ。
まあ、僕が大工始めた頃も
すでに少なくなってしまってはいたんですが
それにしてもめっきり減りました

鉋は大工道具の中でも手入れの大変なもの。
刃をうまく研ぐのも当然ですが、
それ以上に鉋の台を調整できなければ
せっかくうまく研いだ刃も意味がありません

今日もすこし鉋がけしました
たまにやる仕事はなんでも楽しいデス
むきになってかけてしまいました

ハウスメーカーなどの家にはない光景の一つじゃないのかな・・鉋がけ

紬の家造りだけでも残していきたいなぁと考えてます

仕上がり具合は現場で見てください
つるっつるですよ
タグ:
posted by 棟梁 at 21:58| Comment(2) | 大工のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

シックハウスにならないために

手作り本棚.JPG
知っていました?
ホルムアルデヒドが出るのは
家に使っている建材などから出るだけではないんです

引越しを済ませてから搬入される家具にも含まれているんです

家具と家
大きさでわかるように、家のほうが大きいために
気をつけなければなりませんが
家具も気をつけてください、けっこう含んでます

そんなことで、ある程度のものなら
“自分で作ればいいんじゃない?”という嫁さんからのアドバイスで
造ることにしちゃいました

第1弾が『本棚』

杉の床板にする中から節の少ないものを選び、
試行錯誤の結果がこちらになりました
中の棚は、もちろん可動式!

住む人のライフプランが変わったときにも
気持ちよく使ってもらえるように考えてあります
(家全体にいえることですが・・・)

家具屋サンではないので細かいところは目をつむってもらいます
安くできる代わりの条件です
かといってわるいもんじゃありません、決して。

この家ではこれからもっと手作り家具が増える予定です
自らがたたいているからこそできる一品と自負してます
posted by 棟梁 at 00:16| Comment(0) | 大工のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。