2015年03月12日

児童クラブさん@

昨年に引き続き、富士宮市内の児童クラブさんからの依頼。

「荷物置き場の窓を出入りできるようにしたい」

image.jpg
工事前。
これと同じ大きさのものがもう一枚。
計2カ所の工事です。

コンクリートを削りながら
既存のサッシを外します。
image.jpg
できれば、キレイに外して他で使いたい
と言われ、頑張りましたが
無理でした。
コンクリートが思ったより強力。

新しいサッシ。
image.jpg
こちらは両開き。

付け終わる頃、
子供達が学校から帰ってきました。

「おおっ!スゲエ!!」
と、うれしい反応。

優しく使ってね
posted by 棟梁 at 23:01| Comment(0) | リフォーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

窓マイスター取得

久々の更新です。

少し前、『窓マイスター』を取得しました。
image.jpg

image.jpg
これは、窓や壁の断熱改修をメインとしながら、
エコで省エネな暮らしはもちろん、
さらにその上をいく『健幸(けんこう)に住めるリフォーム』を
提案していけます。

特に冬場、
寒さを我慢しながらの生活、
解放されればどんなに良いかと感じたことありませんか。

我慢すればいいってわけではありません。

ヒートショックを起こし、
脳卒中・心筋梗塞などを引き起こす原因となりかねないのです。

なってからでは遅いんですよね。
「予防」が大事。

それを家の性能を上げてあげることで
可能性はだいぶ低くなるんです。

そんな大事な、
他とは違った形で提案できるようになりました。

窓から始める健幸すまい。

けんちく工房紬は本気で取り組んでいます。
posted by 棟梁 at 21:36| Comment(0) | リフォーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

150年

なんと、築150年の古民家のリフォームの依頼がきました。

名前は『紬のリフォーム“刻”』として
紹介していきます。

代々受け継がれてきた家を
少しの耐震と少しの住みやすさを向上。
基本的には昔の雰囲気はそのままにしたいとの要望です。


とても楽しみな物件です。

今回、第1弾工事として
仏間と押入れの床の貼り替え。

image.jpg

話を頂いたきっかけはこの仏間。
立派な仏壇が隣のカラーボックスにもたれかかって
“ハの字”になってしまっています。
そう、床が抜けてしまっていました。

一度、仏壇を出して
image.jpg
床を撤去。

image.jpg
床組みしなおして
image.jpg
杉板を貼り込みました。

posted by 棟梁 at 00:00| Comment(0) | リフォーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

お風呂搬入

タカラスタンダード静岡SR工事、7日目。

今日はユニットの取り付け屋さんによる
お風呂の組み付け。

材料.jpg

朝から大量の材料が
ところ狭しと運ばれてきました。

SB組み付け.jpg

慣れた手つきで
簡単そうに組んでいきます。

簡単そうに見えるけど実際はいろんな技術が
隠されています。
職人さんはみんなそんな感じ。

posted by 棟梁 at 23:40| Comment(0) | リフォーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

4日目

タカラスタンダード静岡SR工事第4日目。

現場は大賑わい。
今日も大工5人・電気屋4人・水道屋・クロス屋各1人。
貼った天井にダウンライトの取り付け場所に穴を開けます。
image.jpg

お風呂のスペースは床を35センチ上げていきます
image.jpg

僕は昼過ぎまで2階で打合せ。
そして昨日の“墨出し”のチェック。

この墨出しは今日の仕事でもある、床の上がる場所を示していました。

昼過ぎに打合せ終わって、
その内容を各業者さんに落とし込み。

気づけば4時近く。
それから昼飯。

posted by 棟梁 at 22:58| Comment(0) | リフォーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。